2006〜2007年に対面セッションをしていたスペースのメモリアル・ページです。

Over Soul の名に因んで「ユディアンテ」と呼んでいました。

こちらが愛しの(笑)三輪山。宇宙を感じる、大切な拠り所です。

そもそも、この三輪山をめがけて奈良へ移住をしたというワケです。。


2代目ユデイアンテは、奈良桜井に移住してから一年と三ヶ月が過ぎた頃に

家族そろって完全移住の区切りをつけるため、住み替えをした桜井駅近くのマンション、自宅内でした。

2代目Yjudiante (2007年12月以降の自宅)からは、三輪山はこんな風に見えます。遠くなったぶんだけ、全貌が見えるようになりました。大和三山や二上山、生駒山系、葛城〜金剛山系、飛鳥方面の山々など、大和を取り囲む山垣が見渡せるので、もともと奈良好きが高じて移住してきた私にはとても幸せな住まいです。。

1代目のサロンのすぐ近くにあった箸墓古墳も、なんとか見えています。奈良は不思議にパワフルな大地のエネルギーが溢れていて、自然界や宇宙のエナジーも普通に入り乱れている感じ。。摩訶不思議ですが、落ち着くという面白い所。

こちらの自宅には、移住後発隊だった家族も合流するために最初のハイツから住み替えをしたのですが、私が使える自室のスペースはかえって狭くなってしまい、三輪の麓の知人宅Asrent を、ショップの事務所として暫しお借りすることになりました。

その後、2008年12月に自宅からも駅からも近い現在のセイリオスの物件を見つけて、事務所&サロンを共にそちらに移し、今に至ります。

 


初代のYjudiante(2006年夏〜2007年12月)は、本当に三輪の麓でした。

この写真は巻向川のせせらぎです。右端に見えている曲線が三輪山。今では細い川ですが、古代においては滔々と流れていたのではないかな。。ヒミコの時代、ヤマトの首都を潤した流れです。

この辺りは「山辺の道」がトレッキングコースとして、また古代史を巡るルートとして知られています。女性シャーマンを想わせる古代ヤマトの姫君たちに関連する箸墓や桧原神社、狭井神社などはとても静謐な空気に包まれて、好きな人も多いです。

大和三山の耳成山がこんもりと見えていて、鳥居は大神(おおみわ)神社の一の鳥居。日本一の大きさだそうです。黒い色と言い大きさと言い、三輪山のパワフルな存在感、男性的な波動を象徴するようで、よく似合っています。

奈良に移住してきて最初の住まいは、賃貸のハイツでした。三輪山が見えるのが気にいって決めた所でしたが、近すぎて、周りの建物で遮られていたので、実際に見えたのは頂上のあたりだけ。

でも、朝も夕も、三輪の空気が窓から吹き込んでくるという、とても贅沢な(笑)環境でした。

その環境の中で、レコンセクレーションが生まれました。今思えば、三輪のお膝元の土地への地鎮をさせて頂いたのだと思います。苦しい想いや、浄化のためにスパークするエネルギーを真っ向から受けるような体験もあり、おおいに修行させて頂きました。

*〜 以後のオフィス&サロンはこちら 〜*

2008年〜2011年:セイリオス三輪 アルガンザ横浜(自宅内)

2012年〜: アルガンザ横浜・青葉台

 

 


(c) earth-keeper.jp   文章・画像・フォトの無断使用はできません。著作権法により保護されています。